日商簿記3級を取得したらすぐに経理として働ける?

仕事・転職, 会計経理, 転職

どーも、もりゾー(@morizoo)です。

日商簿記3級を取得していざ転職活動だーと言ってもなかなかすぐには採用されないと思います。

特に経理として転職を望んでいる場合はかなりハードルが高いです。

ここでは日商簿記3級を取得後、なぜすぐに転職出来ないのか。転職するためにはどうすれば良いかについての話をしたいと思います。

資格取得はスタート地点に立っただけ。

経理は基本的に未経験者の採用はあまり募集がないと思っていて良いです。

余裕のある会社さんだと未経験者枠で経理の募集を行うところもありますが、よっぽど数字に強いとか、財務や経理の経験を積みたい明確な理由・具体的なキャリアプランがある人じゃないと採用されません。

なぜ経理は未経験者の募集が少ないのかと言いますと経理はコスト部門だからです。

コスト部門とはつまり会社の営業活動において直接的にはお金を生み出さない部門のことです。

いくら経理の知識が豊富でその道に精通している人でも、経理として仕事をしている以上外部から仕事は取って来れませんよね?

つまり経理は会社にとってなくてはならない存在であるものの、会社のコストにしかならないのです。

経営者の立場から考えると経理のようなコスト部門の人材に未経験者でしばらく使い物にならない人に対してコストをかけたくないですよね?

それが経理の実態です。

経理として転職するためにはどうしたらいい?

それでは未経験から経理として働くにはどうすれば良いでしょうか?

考えられるのは3パターンです。

会計事務所や税理士事務所に入所する。

未経験での募集が極めて少ない経理ですが、会計事務所や税理士事務所では募集が結構あったりします。

また会計事務所や税理士事務所では、一般企業の記帳代行をやっていますのでそこで経理の基本(仕訳)を覚えることが出来ます。

会計事務所や税理士事務所での記帳代行経験があるだけで、一般企業の採用担当者は応募書類を見たときに目に留めてくれます。

管理部門特化の転職エージェントを利用する。

リクナビやマイナビとは違って管理部門の転職に特化しているエージェントもあります。

今回紹介するMS-Japanさんは一般企業の経理・財務~人事、総務、法務まで管理部門の求人を幅広く取り扱っています。

因みにこちらでも会計事務所や税理士事務所の募集がありますので積極的に活用してみて下さい。

>>>経理財務・人事総務・法務の求人・転職なら|管理部門特化型エージェントNo.1【MS-Japan】

現職で管理部門に配置転換して貰う。

これはかなりリスクが伴うかもしれませんが、現職で転属希望を出すのも手です。今あなたが務めている会社にも必ず経理や財務等の管理部門はあります。

上司に相談してみて現職で管理部門の仕事に就けるように転属希望を出してみるのも良いでしょう。

しかし、この方法はあなたの現職の会社としては、もともとあなたを採用した目的と違う配属となるためあまりオススメはしません。

中には上司が大激怒したとか、そういうことならウチには必要ないと言われてしまった等の話を聞いたことがあります。

今の時代では会社側から無理やり辞めさせられるようなことはよっぽどのことがない限り出来ませんが、それでも上司との関係が崩れたりする可能性は高いです。

この3パターンが未経験から経理として働き始めるための手段になりますが、この中でもやはりもりゾーのオススメは

  1. 会計事務所or税理士事務所に入所する
  2. 管理部門特化の転職エージェントを使う

の2つです。

まとめ

経理未経験者にとっては日商簿記3級を取得してから働き始めるまでが結構つらいところです。

以下この記事のまとめになります。

  • 経理はコスト部門だから未経験者の募集は少ない
  • 未経験者が経理として働くならまずは会計事務所or税理士事務所に入所してみる。
  • 管理部門特化の転職エージェントを利用してみる

以上、「日商簿記3級を取得したらすぐに経理として働ける?」でした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう