クラウド会計ソフトを選ぶなら「freee」が断然オススメ!~経理歴10年のもりゾーがfreeeを徹底レビュー!~

仕事・転職, 会計freee, クラウド会計ソフト, 会計ソフト, 個人事業主

どーも、経理歴10年のもりゾー(@morizoo_dakooda)です。

今回はもりゾーがオススメするクラウド型会計ソフト「freee(フリー)」を紹介します。

freeeは会計業務や確定申告に係る作業を楽にするだけでなく業務フローも一本化出来るので、個人事業主から中小・零細企業にまで幅広くオススメ出来る会計ソフトです。

クラウド型会計ソフト「freee」をオススメする5つの理由

もりゾーが「freee」をオススメする理由は5つです。

  1. UIがシンプルかつ洗練されていて初心者にも扱いやすい
  2. 見積り~請求、会計業務までfreee1つで出来るので業務フローを1本化出来る
  3. スマホ1つでいつでもどこでも作業が可能
  4. スマホアプリでレシートの写真を撮るだけで自動入力が完了
  5. 質問に答えるだけで確定申告書類の作成が出来る(電子申告にも対応)

>>クラウド会計ソフトfreeeの公式サイト・新規登録(30日間無料お試し)はコチラ

freeeをオススメする理由その1.UIがシンプルかつ洗練されていて初心者にも扱いやすい

クラウド会計ソフトfreeeをオススメする理由の1つ目はUIがとてもシンプルで見やすい・わかりやすいことです。

個人事業主の方は会計業務が主たる業務ではない方がほとんどだと思います。そもそも会計業務が主たる業務である方はココに見に来ませんよね?ある程度自分で使いやすさがわかってしまうので。

個人事業主の方の中には会計業務が苦手、もしくは面倒だと思っている方もいるかと思います。そこで重要なのが会計ソフトの見やすさ・わかりやすさではないでしょうか?

freeeのコンセプトは「スモールビジネスに携わるすべての人が想像的な活動にフォーカスできるよう会計・経理知識のない方でも誰でも使えることです。

freeeはこのコンセプトのもとに忠実に再現した会計ソフトではないかと思います。

例えば以下の収益レポートを見るとそれが一目でわかります。

よくある市販の会計ソフトではこういった資料を作るためには会計データをcsvやExcel形式で出力して自分で加工しなければなりません。

freeeを使えばそんな煩わしさはなく、レポート画面を開けばすぐわかりやすいデータが見れます。

当然↓のように細かい損益計算書や貸借対照表も見ることもできます。

日々の損益状況はレポートで概要を掴んでおき、細かい部分が気になったら損益計算書や貸借対照表を見るといった使い方が可能です。

 

freeeをオススメする理由その2.見積り~請求、会計業務までfreee1つで出来るので業務フローを1本化出来る

freeeをオススメする理由の2つ目は様々な事務作業をfreeeのサービス1つで完結できて業務フローを1本化出来ることです。

一般的な業務フローは

  1. 見積書作成(自社)
  2. 納品書作成(自社)
  3. 検収(取引先)
  4. 請求書作成(自社)
  5. 入金確認(自社)
  6. 会計処理(自社)

と大きく分けて上記6つが主な業務フローになるかと思います。

このうち自社(自分)で作業しなければならないのが、1.見積書作成、2.納品書作成、4.請求書作成、5.入金確認、6.会計処理の5つです。

この5つ全てをfreee1つで作業することが出来ます

本来であれば、請求書管理ソフトを立ち上げて、ネットバンクや通帳記帳で入金確認をして、その後、会計ソフトに手入力して…こんな煩わしい作業はfreee1本にまとめてしまうことが出来ます。

しかも簡単な操作でポチポチするだけです。

↑の画像のようにfreeeには見積書作成~請求書作成までの一連の機能が標準搭載されています。

見積書や請求書のレイアウトもある程度は自由に変更することが出来ます。

また、自社の印影を登録することも出来るのでイチイチ紙で出力して正式に社判を押印しなくても済みます。

請求書の発行が済んだらPDFデータを取引先に送りましょう。最近ではPDFデータだけで処理してくれる会社も増えてきていますね。

freeeをオススメする理由その3.スマホ1つでいつでもどこでも作業が可能

freeeはスマホアプリもとても優秀です。まずは知りたい情報がすぐに出てくるTOP画面にわかりやすいUIで何も迷わずに作業が出来ます。

freeeは取引の登録(仕訳)~確定申告書の作成までスマホアプリのみで対応することも出来ます。こちらが申告書作成画面。

freeeをクレジットカードや銀行口座(ネットバンク)と連携させておけば、電車移動中やカフェでコーヒー飲んでる時の隙間時間で簡単に会計処理が可能です。

freeeをオススメする理由その4.スマホアプリでレシートの写真を撮るだけで自動入力が完了

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スマホアプリを使えばレシートを撮影するだけで取引の登録が出来ます。本来であればレシートを見ながら、取引日を入力して借方・貸方科目を入力して、金額を入力して…と一つの取引に対しても様々な作業が必要になってきます。

ですがfreeeのスマホアプリを使用すればこんな煩わしい作業もしなくて済みます。写真を撮影するだけですから。

あとは読み込んだデータが正しく処理されているかその場で確認して完了です。

これかなり精度も高いです。

 

freeeをオススメする理由その5.質問に答えるだけで確定申告書類の作成が出来る(電子申告にも対応)

freeeは確定申告書の作成もとても楽に作業が出来ます。こちらが確定申告の作成画面。

 

freeeは基本的に質問事項にポチポチ答えていくだけで、確定申告書類の作成が可能となっています。

最後に確定申告書の提出ですが、これもfreeeから電子申告用のアプリをしようすれば、その場で確定申告書の提出を行うことが出来ます。

わざわざ税務署に行って申告書を提出するなんて時間のかかることをしなくても大丈夫です。

>>クラウド会計ソフトfreeeを無料で試してみる

まとめ:freeeを使ってもっと自分の事業に力を注ごう!

クラウド会計ソフトfreeeの魅力について書いてきました。

freeeはそのコンセプトを忠実に再現しており、まさに「スモールビジネスに携わるすべての人が想像的な活動にフォーカスできるよう」な会計ソフトになっています。

>>クラウド会計ソフトfreeeの公式サイト・30日間無料お試しはコチラ

以上、「クラウド会計ソフトを選ぶなら「freee」が断然オススメ!~経理歴10年のもりゾーがfreeeを徹底レビュー!~」でした。

PS.>>もりゾーがオススメする会計ソフト6選はコチラ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう