【埼玉のいいところ】#3 須賀農園(すかのうえん)でいちご狩り!

2018年4月3日さいたまの魅力

埼玉県の魅力をお伝えするシリーズ企画の第3弾は埼玉県越谷市にある須賀農園(すかのうえん)の紹介です。

 須賀農園(すかのうえん)ってどんなところ?

須賀農園(すかのうえん)は埼玉県越谷市にあるイチゴとトマトの専門農家さんです。今回はこちらでいちご狩りをしてきました。開園しているのは1月~5月の間で料金は以下の通り。

料金表 1/2〜2/13 2/14〜4/10 4/11〜終了まで
大人(小学生以上) 1,800円 1,600円 1,200円
小人(3歳以上) 1,200円 1,100円 800円

いちご狩りの受付は10時~15時でいちごがなくなり次第終了するので10時にお邪魔してきました。

しかし…まさかの大行列!!

びっくりしました。僕が車で到着すると同時に本日は終了しましたの看板が出されました。

須賀農園に行く時は是非お早めに!!

どうやら9時半時点では既に行列が出来ているそうなので一番おいしいイチゴを食べるためにはもっと早く来ている必要がありそうです。

ってなわけで残念ながら僕らは第2陣の最後の最後となってしまいました…

ハウス外観

ハウス内風景1
ハウス内風景2

中に入ってみるととても広く、歩くスペースも2人並んで通れるほどのスペースがあるので、狭くて動きづらいという感じもありませんでした。

最後の最後になってしまったので既にたくさんのお客さんが…

もりゾー達は抱っこ紐でいちご狩りを楽しもうとしていたのですが、受付のおばちゃんが「ベビーカーを持ってきているなら使ってもらっていいですよ。そうしないといちご狩り楽しめないでしょう。」と声をかけてくれました。

ベビーカーを押しながらいちご狩りを楽しめるなんてまだ子どもが小さいご家庭でもゆったり楽しめますね

取り扱っている品種

須賀農園では3つの品種を取り扱っています。それぞれ紹介していきます。

紅ほっぺ

まずは紅ほっぺです。

紅ほっぺは甘みと酸味のバランスが良く、コクがあり香りが良いのが特徴で今人気上昇中の品種です。

実が全体的にふっくらしているのが特徴的で口に入れた瞬間にイチゴの香りがふわーっと広がりとても美味しかったです。

注)写真はリベンジします。今度はもっと早く行って真っ赤なイチゴの写真をゲットします。

あきひめ

続いてあきひめです。

あきひめは酸味が少なくみずみずしいのが特徴で見た目はほっそりとスリムな感じです。

口の中に入れるとじゅわーっとイチゴの果汁が口いっぱいに広がりこちらもとても美味しい!

注)写真はリベンジします。今度はもっと早く行って真っ赤なイチゴの写真をゲットします。

かおりの

最後にかおりのです。

かおりのは酸味が少なく、さわやかな甘さと上品な香りがします。見た目が円錐形になっているのも特徴的です。

取り扱っている3つの品種の中ではこのかおりのが一番甘く感じました。

注)写真はリベンジします。今度はもっと早く行って真っ赤なイチゴの写真をゲットします。

須賀農園へのアクセス

住所:埼玉県越谷市増林3786

<車>東埼玉道路を北上しレイクタウン北より約10分です。※駐車場20台完備

<電車、バス>南越谷駅南口よりバス(松伏ターミナル行き 上二区)下車後徒歩5~10分

さいごに

須賀農園のおばちゃんはとても暖かい雰囲気のあるおばちゃんで赤ちゃん連れのもりゾー達にベビーカー使ってもいいんだよっと声を掛けてくれたり、他のお客さんともコミュニケーションを取っていてとても温かみのあるおばちゃんでほっこりした気分になりました

とても人気なので須賀農園でいちご狩りをする時は9時くらいからスタンバっている事をオススメします。

埼玉県越谷市にお越しの際は是非須賀農園でいちご狩りを楽しんでみて下さい!!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう