ルーフボックスvsルーフキャリアどっちがいいの?

2018年3月14日アウトドア

今年もスノーボードシーズンがやってきました。毎週のように雪山に行くもりゾーにとっては大好きな季節です。

今年こそはルーフボックスorルーフキャリアを買って自分の車で雪山に行きたいな…でもルーフボックスとルーフキャリアってどっちがいいんだろう…と思っている方もいるのではないでしょうか。

そんなあなたにルーフボックスとルーフキャリアの違いやメリット・デメリットについて紹介したいと思います。

ルーフボックスvsルーフキャリア徹底比較!

ルーフボックス、ルーフキャリアにはそれぞれメリット・デメリットがあります。まずはそこから比較していきましょう。

ざっとメリットを挙げるとこんな感じになります。

ルーフボックスは「用途に応じて通年使える」、「排気ガスで板が汚れない」、「大容量」というメリットが特徴で、様々なシーンで活用しかつ社内に荷物を載せる必要がないため、車のキャパシティを効率よく使えるため搭乗人数を増やすことも出来て友人たちと出かける際の交通費を浮かすことが出来ます。

一方ルーフキャリアは「価格が安い」、「手軽」というメリットが特徴で価格メリットだけで言えば圧倒的にルーフキャリアの方が良いです。

続いてデメリットについてです。

デメリットはこんな感じになります。

ルーフボックスは「価格が高い」、「車高制限が出てくる」というデメリットがあります。都内では立体駐車場が多いので特に車高制限がかかると非常に怖く、毎回毎回ドキドキしながら駐車場に入庫しなければなりません。

一方ルーフキャリアは「板が汚れる」、「4枚しか積めない」、「冬しか使えない」というデメリットがあります。ルーフキャリアはその用途が明確になっている分機能的な制限が多いです。また、板がむき出しであるため、板自体が汚れます。板にワックスを塗ったばかりとかだと気が萎えますね…

オススメは断然ルーフボックス

それぞれメリット・デメリットを比較したところで結局どっちがいいの?というお話です。

どちらも使った経験がある僕がオススメするのは断然ルーフボックスです。

理由は以下の通り

  • 大切な板を守れる
  • 通年使える
  • 積載枚数が多い

特にこの中でも積載枚数が多くなるのは僕にとっては一番のメリットになりました。僕の場合大人数で行くことが多い反面車を持っているメンバーが少ないため僕の中では必須条件のようなものでした。

他にも僕は春~秋シーズンにはキャンプにもよく行くので通年使えるものが欲しかったというのもあります。キャンプって結構積み荷が多くなるんですよね。

オススメのルーフボックスを記事にまとめました!

↓↓↓良かったらコチラも合わせてどうぞ!

用途に応じて決めるのが吉!

僕のオススメはルーフボックスになりますが、やはり高いから買えない、そんなにスノボ頻繁に行かないからルーフキャリアで良い…という人もいると思います。

それはそれでアリです!…

必ずしも他人がオススメする商品が自分にとっても良いものとは限りません。

僕はこんな感じでYES/NOチャートを作って自分がどうしたいかを決めました。

個人的に作ったので作り方は雑ですが、こんな感じで考えてみると自分の欲しいものがなんなのか整理できると思います。

まとめ

ルーフボックスとルーフキャリアのメリット・デメリットについて比較をしてきましたが如何でしたでしょうか。

それぞれにメリット・デメリットはありましたが、結局のところまずは自分の目的を明確に整理してみることが大事かなと思います。行き当たりばったりで購入すると宝の持ち腐れになったりする可能性もありますので。

次回はルーフボックスとルーフキャリアそれぞれのオススメ商品を紹介したいと思います。

オススメのルーフボックスを記事にまとめました!

それでは良いスノボライフを(´▽`)



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう